TUSK-NET.COM
レジコン飼槽
古くなった牛舎であきらめていませんか?

「親から引き継いだ牛舎は古くなったけど、新築するほどの予算はないなぁ」

「カウコンフォートの重要性はわかるけど、そんなに金をかけるのは・・・」

そんな時こそ、たすくの牛舎リフォームはいかがでしょうか。このページに掲載のD型に限らず、さまざまな形態の牛舎および関連施設で、リフォーム・増改築などの各種ご相談を承っております。
リフォーム後
 
リフォーム後 リフォーム後
 
リフォーム後 リフォーム後
 
昔に比べて牛のサイズも大きくなってきました。窮屈な牛床にはなかなか牛も寝てくれません。大切な反芻のための時間を立って過ごしている牛はいませんか?

汚れた牛床は乳房炎の原因になります。600kg以上の牛を長年に渡って支えてきた牛床は、欠けたり、割れたり、糞がガンコにこびりついてしまっていたり、清潔に保つのに非常な労力を必要とします。

また、老朽化した施設では、近代的な機械が使えないかもしれません。たとえば除糞のためにスキットローダーが入る通路をつければ、一日の労働時間が飛躍的に節約できます。
リフォーム前
 
リフォーム前 リフォーム前
 
リフォーム前 リフォーム前
 
牛のゲップやふん尿にはメタンガスやアンモニアが含まれ、金属も腐食します。あなたの農場では、傷んだ施設の補修費に年間いくらの費用がかかっていますか?その何年分かの予算で施設を一新できるかもしれません。

この10年だけ見ても酪農技術は大きな変化をしています。旧態然とした牛舎では、若い労働力はにげてしまいます。そうなってしまう前に、たすくにどうぞご相談ください。
PageTop
Copyright(C)2006 TUSK.All Rights Reserved.